ヒロデンタルクリニック複合型臨床研修プログラム

研修プログラムの特色

ヒロデンタルクリニック研修プログラムでは、まず歯科医師として最初に見るべきこと、体験すべきことの重要性に着目し、基礎・基本からしっかりと学べる環境にあるところに特色がある。

正確・緻密な診査・診断から始まる歯科臨床に於いては、必然的に「包括的治療」を実践することとなる。

「包括的治療」に於いて、歯周治療、矯正治療、インプラント治療、補綴治療は、各々独立するものではなく、有機的に繋がっていることを、この研修で体験することができる。そして、将来GP(General Practitioner)として、あるいは専門医として活躍する礎を是非この研修で学んでいただきたい。

 

研修プログラムAでは、ヒロデンタルクリニック9か月、協力型研修施設3か月のスケジュールで研修を行う。

当院で8ヶ月の研修後、協力型研修施設へ出向し、3ヶ月間一般歯科医院での治療のほか、コデンタルスタッフとの連携、歯科診療所の管理・運営等を学び、当院で1ヶ月の総括研修を行う。

また研修プログラムBでは、ヒロデンタルクリニック4か月、協力型研修施設8か月のスケジュールで研修を行う。

 

鶴見大学歯学部附属病院口腔顎顔面外科学講座に於いて全身管理、外科小手術、病棟研修を行い、歯科医師として最低限身につけるべき医学的知識の習得を行う。

臨床は臨床研修歯科医のレベルに合わせて、治療の見学やアシスタントから始まり、早い人は実際の治療を行う。

 

研修期間中は基本習熟コースの到達目標に則って、頻度の高い歯科治療処置を自らが実践できるために必要な臨床能力を身に付ける。また、基本習得コースは数多く経験できるようにする。

 

 

なお、この研修プログラムはプログラム責任者が実施プログラムの実施状況・達成状況を評価・検証した結果を踏まえ、当該研修年度の年度末に開催される臨床研修管理委員会に於いて、評価・再検討を実施し、見直しを図る。

 

歯科医師研修の目標(目標達成)

(1)     歯科医師として好ましい態度、習慣を身に付け、患者及び家族とよりよい人間関係を確立する。

(2)     歯科疾患と障害の予防および治療における基本的技能を身に付ける。

(3)     一般的によく遭遇する応急処置と頻度の高い歯科治療処置確実に実施する。

(4)     歯科診療時の全身的偶発事故に応対する能力を身に付ける。

(5)     自ら行った処置の経過を観察、評価し診断と治療に常にフィードバックする習慣を身に付ける。

(6)     専門的技能や高度先進歯科治療に接し、生涯研修の意欲への動機付けを図る。

(7)     歯科医師の社会的役割を認識し、実践する。

 

プログラム責任者の氏名

ヒロデンタルクリニック 院長 金子博寿

 

参加施設概要

(1)   管理型臨床研修施設

1

施設名

ヒロデンタルクリニック

2

所在地

埼玉県蕨市中央7-35-2 Hiroビル1F

3

開設者

医療法人社団 健創会

4

管理者

金子 博寿

5

研修プログラム責任者

金子 博寿

6

指導歯科医

金子 博寿

7

事務担当者

黒田 康雄

8

施設の概要

歯科医数:(常勤)5名 (非常勤)1名 ユニットチェア数:8

9

ホームページアドレス

http://www.hirodent.com

 

 

 

(2)   協力型臨床研修施設
医療法人社団 大志会 今井歯科
医療法人社団 双樹会 荻原デンタルクリニック
こばやし歯科クリニック
医療法人社団 翔優会 よしどめ歯科
しみずデンタルクリニック
医療法人社団 青葉会 かさはら歯科医院
鶴見大学歯学部附属病院
飯田歯科クリニック
なぎさ歯科クリニック
医療法人 健優会 比嘉歯科医院

(3)   研修協力施設
鶴見大学歯学部附属病院、埼玉県内保健所

 

プログラムの管理運営体制

(1)   研修管理委員会の名称と構成

名称:

委員長

金子 博寿

 

構成:

委員

莇生田 純子

 

 

委員

大林 千鶴

 

 

委員

島田 幸子

 

 

委員

角山 洋子

 

 

委員

黒田 康雄

 

 

委員

今井 恭一郎

(協力型臨床研修施設の研修実施責任者)

 

委員

荻原 尚樹

(協力型臨床研修施設の研修実施責任者)

 

委員

小林 健一郎

(協力型臨床研修施設の研修実施責任者)

 

委員

吉留 英俊

(協力型臨床研修施設の研修実施責任者)

 

委員

清水 裕之

(協力型臨床研修施設の研修実施責任者)

 

委員

笠原 一規

(協力型臨床研修施設の研修実施責任者)

 

委員

船登 彰芳

(協力型臨床研修施設の研修実施責任者)

 

委員

飯田 克実

(協力型臨床研修施設の研修実施責任者)

 

委員

比嘉 信吉

(協力型臨床研修施設の研修実施責任者)

 

委員

山口 博康

(協力型臨床研修施設の研修実施責任者)

 

外部委員

阿部 健太郎

(阿部オフィス  所長 社会保険労務士)

 

外部委員

小林 政氏

(小林会計事務所 所長税理士)

 

 

 

 

(2)   ヒロデンタルクリニック研修管理委員会の業務
歯科医師の卒後の臨床研修における重要事項を審議決定する機関として、ヒロデンタルクリニック研修管理委員会(以下「研修管理委員会」という)をおく。研修管理委員会は、当院の院長を委員長とし、衛生士チーフほかオフィスマネージャー、研修実施責任者及び外部委員より構成し、円滑かつ効果のある臨床研修を行うため、年2回研修管理委員会を開催し、研修評価を行い、それに基づいて研修プログラムを協議、計画を立て、必要な修正を行う。更に研修管理委員会では、臨床研修の指導、監督及び到達目標への達成度、採用、中断、修了の評価等についても具体的に検討するものとする。

(3)   研修指導体制と医療事故への対応
単独型研修施設及び研修協力施設における指導歯科医の元で基本的な知識、手技並びに全身的な治療管理を習得させる。また、医療事故への対応については、診療に関わる医療事故の主たる責任は主治医が負うが、研修歯科医は受け持ち医として、重大事故発生の場合は、直ちに指導歯科医に連絡し、その指示を仰ぐものとする。

研修期間、場所等

(1)   研修期間は平成3041日から平成31331日までの1年間とする。

(2)  411月、3月は当院での診療を中心にして臨床研修を行う。うち、2週間~1ヶ月間は研修協力施設での研修を行う。122月の3ヶ月は協力型臨床研修施設での研修を行う。(プログラムA)

(3)   当院での研修期間は、主に一般臨床の研修を行う。

(4)   協力型臨床研修施設での研修期間は、一般歯科診療を行う。

(5)   研修協力施設での研修期間は、特別研修として全身管理及び病棟研修を行う。

4月~11

当院での研修(社会人マナーから、基本習熟コース、基本習得コースを研修)

研修協力施設での研修

 

 

12月から2

協力型臨床研修施設での研修

保険治療を総合的に経験できる環境を活かし、高頻度治療のレベルアップを第一目標とする。

歯科診療における専門分野それぞれの担当歯科医師や、高い技術をもった衛生士たちでチーム医療を実践しており、最先端治療に積極的に取り組んでいる環境を活かし、将来の歯科医師としてイメージ作りすることを研修の最終目標とする。

またこの期間中に地域医療の実践・見学(保健所研修:埼玉県内)及び特別研修として研修協力施設先の鶴見大学歯学部附属病院口腔顎顔面外科学講座に於いて全身管理、外科小手術、病棟研修を行い、歯科医師として最低限身につけるべき医学的知識の習得を行う。

 

3

当院での研修(総括)

1年振り返り、自分の立ち位置を正確に把握することにより、2年目よりの課題を明確にしていく。


【詳細】

4

1)職務規定・院内業務・IT業務マニュアルを学習

2)カルテ、文書記載方法の学習

3)スタッフとのチーム医療、地域との連携について学習

4)一般社会人マナー

5月~11

基本習熟コース

1)カルテその他の関連文書記載方法を学習・実践

2)スタッフとのチーム医療について学習・実践

3)保険点数に関する学習・実践

4)高頻度治療の実践

5)患者とのコミュニケーションについて学習・実践

6)指導医への所見報告の仕方の学習・実践

7)治療計画の立案の学習

基本習得コース

1)高頻度治療の実践 医療安全・感染予防について学習

2)経過評価管理について学習

3)ホワイトニングやインプラント、歯周外科、障害者歯科、矯正などの

4)専門分野に関する学習と実践 治療計画の立案と治療の実践

2週間~1ヶ月を研修協力施設での研修、見学

 

12月~2

協力型臨床研修施設での研修

*今井歯科

*荻原デンタルクリニック

*こばやし歯科クリニック

*医療法人翔優会 よしどめ歯科

*しみずデンタルクリニック

*医療法人社団青葉会 かさはら歯科医院

*なぎさ歯科クリニック

*医療法人社団 健優会 比嘉歯科医院

*飯田歯科クリニック

保険治療を総合的に経験できる環境を活かし、高頻度治療のレベルアップを第一目標とする。

歯科診療における専門分野それぞれの担当歯科医師や、高い技術をもった衛生士たちでチーム医療を実践しており、最先端治療に積極的に取り組んでいる環境を活かし、将来の歯科医師としてのイメージ作りをすることを研修の最終目標とする。

 

3

当院での1年間の研修成果発表、総括

 

 到達目標

 「基本習熟コース」については、研修歯科医自らが確実に実践できることが基本であり、臨床研修了時に習熟すべき、 「基本習得コース」については、頻度高く臨床において経験することが望ましいものである。

 

歯科医師臨床研修「基本習熟コース」

【一般目標】

個々の歯科医師が患者の立場に立った歯科医療を実践できるようになるために、基本的な歯科診療に必要な臨床能力を身に付ける。

患者とのコミュニケーションについて学習・実践

【一般目標】

【行動目標】

患者中心の歯科診療を実施するために、コミュニケーションをとり医療面接についての知識、態度及び技能を身に付け、実践する。

①.   コミュニケーションスキルを実践する。

②.   病歴(主訴、現病歴、既往歴及び家族歴)聴取を的確に行う。

③.   病歴を正確に記録する。

④.   患者の心理・社会的背景に配慮する。

⑤.   患者・家族に必要な情報を十分に提供する。

⑥.   患者の自己決定を尊重する。(インフォームドコンセントの構築)

⑦.   患者のプライバシーを守る。

⑧.   患者の心身におけるQOL(Quality of Life)に配慮する。

⑨.   患者教育と治療への動機付けを行う。

 

総合診療計画

【一般目標】

【行動目標】

効果的で効率の良い歯科診療を行うために、総合治療計画の立案に必要な能力を身に付ける。

①.   適切で十分な医療情報を収集する。

②.   基本的な診察・検査を実践する。

③.   基本的な診察・検査の所見を判断する。

④.   得られた情報から診断する。

⑤.   適切と思われる治療法及び別の選択肢を提示する。

⑥.   十分な説明による患者の自己決定を確認する。

⑦.   一口腔単位の治療計画を作成する。

 

予防・治療基本技術

【一般目標】

【行動目標】

歯科疾患と機能障害を予防・治療・管理するために、必要な基本的技術を身に付ける。

①.   基本的な予防法の手技を実施する。

②.   基本的な治療法の手技を実践する。

③.   医療記録を適切に作成する。

④.   医療記録を適切に管理する。

 

応急処置

【一般目標】

【行動目標】

一般的な歯科疾患に対処するため、応急処置を要する症例に対して、必要な臨床能力を身に付ける。

①.   疼痛に対する基本的な治療を実践する。

②.   歯、口腔及び顎顔面の外傷に対する基本的な治療を実践する。

③.   修復物、補綴装置等の脱離と破損及び不適合に対する適切な処置を実践する。

 

高頻度治療

【一般目標】

【行動目標】

一般的な歯科疾患に対処するため、高頻度に遭遇する症例に対して、必要な臨床能力を身に付ける。

①.   齲蝕の基本的な治療を実践する。

②.   歯髄疾患の基本的な治療を実践する。

③.   歯周疾患の基本的な治療を実践する。

④.   抜歯の基本的な処置を実践する。

⑤.   咬合・咀嚼障害の基本的な治療を実践する。

 

医療管理・地域医療

【一般目標】

【行動目標】

歯科医師の社会的役割を果たすため、必要となる医療管理・地域医療に関する能力を身に付ける。

①.   保険診療を実践する。

②.   チーム医療を実践する。

③.   地域医療に参画する。

 

歯科医師臨床研修「基本習得コース」

【一般目標】

生涯にわたる研修を行うために、より広範囲の歯科医療について知識、態度及び技能を習得する態度を養う。

救急処置

【一般目標】

【行動目標】

歯科診療を安全に行うために、必要な救急処置に関する知識、態度及び技能を習得する。

①.   バイタルサインを観察し、異常を評価する。

②.   服用薬剤の歯科診療に関連する副作用を説明する。

③.   全身疾患の歯科診療上のリスクを説明する。

④.   歯科診療時の全身的合併症への対処法を説明する。

⑤.   一次救命処置を実践する。

⑥.   二次救命処置の対処法を説明する。

 

医療安全・感染予防

【一般目標】

【行動目標】

円滑な歯科診療を実践するために、必要な医療安全・感染予防に関する知識、態度及び技能を習得する。

①.   医療安全対策を説明する。

②.   アクシデント及びインシデントを説明する。

③.   医療過誤について説明する。

④.   院内感染(Standard Precautionを含む)を説明する。

⑤.   院内感染対策を実践する。

 

経過評価管理

【一般目標】

【行動目標】

自ら行った治療の経過を観察評価するために、診断及び治療に対するフィードバックに必要な知識、態度及び技能を習得する。

①.   リコールシステムの重要性を説明する。

②.   治療の結果を評価する。

③.   予後を推測する。

 

予防・治療技術

【一般目標】

【行動目標】

生涯研修のために必要な専門的知識や高度先進的技術を理解する。

①.   専門的な分野の情報を収集する。

②.   専門的な分野を体験する。

③.   POSProblem Oriented System)に基づいた医療を説明する。

④.   EBMEvidence Based Medicine)に基づいた医療を説明する。

 

医療管理

【一般目標】

【行動目標】

適切な歯科診療を行うために、必要となる広範囲な歯科医師の社会的役割を理解する。

①.   歯科医療機関の経営管理を説明する。

②.   常に、必要に応じた医療情報の収集を行う。

③.   適切な放射線管理を実践する。

④.   医療廃棄物を適切に処理する。

 

地域医療(訪問診療・保健所健診)の実践

【一般目標】

【行動目標】

歯科診療を適切に行うために、地域医療についての知識、態度及び技能を習得する。

①.   地域歯科保健活動を説明する。

②.   歯科訪問診療を説明する。

③.   歯科連携を説明する。

④.   保健所における業務、健診・地域医療を実践する。

 

全身管理 (病棟研修: 鶴見大学歯学部附属病院)

【一般目標】

【行動目標】

当院では、全身管理を学習するために、一定期間大学での研修を行う。

①.   口腔外科病棟において、入院下での患者の治療・管理に、担当医のチームの一員として参画する。

②.   入院患者に指導歯科医が行う治療計画立案、患者への説明、全身麻酔、静脈麻酔下での手術を含む口腔外科的処置全般、手術周術期管理等を見学実習する。

③.   電子カルテを使用した医療管理について研修を行う。

④.   指導医のもと採血、静脈路確保、バイタルサインのチェック等に関する相互実習を行う。

 

プログラム修了の認定

研修管理委員会は、プログラムの評価項目についての研修歯科医の自己評価法及び指導歯科医による客観的評価に基づき、当初の到達目標に至ったか否かを討議し、最終的に研修管理委員会が研修修了を認定し修了証を授与する。

 

修了の評価・認定についての基本的な考え方

研修修了の評価・認定にあたっては、各研修歯科医があらかじめ定められた臨床研修の期間、研修プログラムに則った研修を行い、臨床研修の到達目標が達成されていれば臨床研修を修了したと認定する。研修歯科医の評価を行う際には、各研修項目における評価については直接指導を担当した指導歯科医が、研修期間を通じた評価・最終的な評価をプログラム責任者が行う。その後、研修管理委員会の議を経て修了を認定し、病院長が研修修了証を発行する。

 

臨床研修の修了基準

(1)   休止について
研修休止の理由として認められるものは、傷病、妊娠、出産、育児、その他正当な理由(研修プログラムで定められた年次休暇を含む)とする。

(2)   必要履修期間等についての基準
研修期間(1年間)を通じた休止期間の上限は45日とする。

(3)   休止期間の上限を超える場合の取扱い
研修期間終了時に休止期間が45日を超える場合には、未修了とする。この場合、原則として引き続き同一の研修プログラムで研修を行い、45日を越えた日数分以上の日数の研修を行う必要がある。

 

臨床研修医としての適正

研修医が以下に定める各項目のいずれかに該当する場合は、修了を認めないことがある。

(1)   安心、安全な医療の提供ができない場合

1) 医療安全の確保が危ぶまれる、あるいは患者との意思疎通に欠け不安感を与える場合等で、十分な指導にも関わらず、改善せず、患者に被害を及ぼす恐れがある場合。

2) 一般常識を逸脱する、就業規則を遵守できない、チーム医療を乱す場合や、医療の適切な遂行に支障をきたす場合。

3) 研修歯科医本人の重大な疾病によって適切な診療行為が行えず、医療安全の確保が危ぶまれる、あるいは患者に不安感を与える等の場合。

(2)   法令・規則が遵守できない者。

 

中断

(1)  中断については「研修歯科医が臨床研修を継続することが困難であると研修管理委員会が評価・勧告した場合」と「研修歯科医から研修実施責任者に申し出た場合」とがある。

1)   研修施設が認定をうけた研修プログラムの実施が不可能になった場合。

2)   研修歯科医が臨床歯科医として適正を欠き、指導・教育によっても改善が不可能な場合。

3)   妊娠・出産・育児、傷病等の理由により研修を長期にわたり休止し、そのため修了に必要な研修実施期間を満たすことができない場合であって、研修を再開するときに、履修する研修プログラムの変更、廃止などにより同様の研修プログラムに復帰することが不可能であると見込まれる場合。

4)   その他に正当な理由がある場合。

(2)  中断した場合
研修歯科医に対して臨床研修中断証を交付し、病院長は中断旨を所管の地方厚生局に報告する。

(3)  臨床研修の再開
臨床研修を中断したものは、希望する臨床研修施設に臨床研修中断証を添えて、臨床研修の再開を申し込むことができる。

(4)  未修了
未修了とした場合、当該研修歯科医は原則として引き続き同一の研修プログラムで研修を継続することとなる。病院長は臨床研修の修了基準を満たすための研修スケジュールを地方厚生局に提出する。

 

研修歯科医の待遇

身分:

研修歯科医(常勤)

給与:

180,000円/月(賞与なし)

勤務時間:

午前8時半から午後6時まで(内1時間半休憩 実研修時間8時間)

※診療により変動あり

休日:

週休2日、年次有給休暇(6か月以上勤務につき10日)

夏季休暇、年末年始休暇

宿舎:

なし

当直:

なし

診療所内の部屋の有無:

あり

保険:

社会保険・厚生年金・雇用保険適用・歯科医師賠償責任保険

労働者災害補償保険

健康管理:

健康診断(年に1回)

その他:

学会などの参加可

 

研修歯科医の募集及び採用方法

募集定員:

プログラムA・1名、プログラムB・1

応募資格:

歯科医師免許取得見込みの者

出願締切:

平成2999

出願書類:

履歴書、卒業見込み証明書、成績証明書、願書

選考方法:

歯科マッチングに参加し、小論文試験、面接試験及び書類審査

 

応募連絡先

医療法人社団健創会

 ヒロデンタルクリニック

335-0004

埼玉県蕨市中央7-35-2 Hiroビル1F

TEL 048-434-3493

FAX 048-434-3494